「既存の柿の木を生かしたい。」建主のこの想いをうけ、
柿の木との多様な関わりが生まれることをめざす。