PRIME
-人間の内面と呼応する建築空間-

PROCESS

建築を実現するためのプロセスは
大きく4つに分かれます。
【準備】 【基本設計】 
【実施設計】 【監理】です。
完成に向けて、1ステップずつ
一歩一歩進んでいきます。

STEP 1 準備

● 設計相談

お会いして、計画の概要(ご要望、敷地、予算等)についてお伺いします。
お気軽に、お問い合わせください。
 →Q&A  →問い合わせフォーム

● 条件・概要の整理

関係省庁への問い合わせや、法令確認によって法規、手続き面での条件を整理します。

● 敷地の調査

現地、道路、近隣家屋、そして周辺状況等をリサーチして計画に生かせるポイントや気をつけるべき点を把握していきます。

STEP 2 基本設計

● テーマの探求

ご要望を咀嚼し、敷地の可能性や条件を整理する中で、
どういう建築空間をめざすかという計画のテーマを深めていきます。

● 空間イメージの探求

具体的な空間を検討し、テーマと空間とを行きつ戻りつしながら、徐々にめざすべき空間イメージを見い出していきます。
この段階で 何回も建主の方に案をご提示し、問題点を確認したり、新たなご要望をお聞きする中で、徐々に最終形を固めていきます。

● 基本構想の確立

計画の骨格となる基本的な構想を、具体的な図面として、まとめます。

この段階で、
基本的な平面(間取り)と
建築の形のイメージ、
仕上げが決まります。

STEP 3 実施設計

● 詳細な検討・設計図書の作成

実際に工事ができるレベルの詳細な図面を作成していきます。

● 構造・設備設計者との打合せ

専門家と協議し、技術面での様々な検討をしていきます。

● 確認申請手続の準備

法規的に必要な手続きの準備を進めていきます。
申請図面を作成し、関係機関に提出します。

この段階で、実施設計図が完成します。
実施設計図の図面枚数は、
100ページほどです(戸建て住宅の場合)

STEP 4 監理

● 施工者の選定 工事請負契約への協力工事請負契約への協力

完成した実施設計図を施工者(建設会社)に提示し、
見積書を提出してもらいます。
最も条件のいい会社と工事請負契約を交わします。 →Q&A

● 現場への設計意図の伝達

設計で大切にしている点や、図面では伝えきれないポイントを現場監督や職人に言葉や書面で伝えます。

● 現場への監理・指導・検査

施工者の作製した施工図が、設計図の内容をしっかりと反映しているかチェックします。
施工者が使用を予定している材料が適切か、チェックします。
現場状況を確認し、設計図通りかチェックします。
図面と異なる場合は、施工者に修正指示します。

● 色彩・仕上材等の 最終検討及び決定最終検討及び決定

設計図では表現仕切れていない各素材の色合いや仕上げ具合に関して、施工者にサンプルをつくってもらい、建主の方にご説明の上、最終決定を行います。

完 成

Q & A

Q1.どの段階から相談できますか?
土地の候補はあるが希望のものが建つかどうか分からない。費用どのくらい見ておけば良いか分からない。建て替えるかリフォームするか迷っている。など、漠然としている段階でもお気軽にご相談下さい。話を具体化するためのアドバイスを、専門知識と今までの経験からさせていただくことが可能です。
Q2.相談はどのようにすればいいですか?
電話(03-3354-8204) 問い合わせフォームにて、お気軽にお問合せ下さい。お会いして、お話を聞かせて頂ければ、より具体的におこたえできます。また私たちの仕事の取り組みかたについてもご説明いたします。事務所にお越しいただければ、相談は無料です。
Q3.相談するのに費用はかかりますか?
初回のご相談は費用をいただいておりません。建築家・スタッフがどのような人間なのか、弊社がどのような事務所なのかを見学するお気持ちで、お気軽にお越しください。
Q4.相談をするにあたって何か準備しておく必要がありますか?
特に必要な書類はありません。敷地が決まっていない段階で相談は可能です。土地をご検討途中の場合は、不動産チラシ等をお持ちいただいても構いません。また、既に敷地がお決まりの場合は、土地の資料等(敷地測量図等)をご用意いただければと思います。家づくりへの夢や理想、実現したい事やこだわり・イメージなどをお聞きできればと思います。ご予算や現在の生活の様子などもご質問をさせていただきます。
Q5.土地探しから相談できますか?
可能です。土地購入の段階でご相談いただければ、建築の法制限や予算配分等を踏まえ、その土地(敷地)の持っている設計上の可能性やデメリット等を、建築家として様々な観点からアドバイスを致します。
Q6.どの段階から費用が発生しますか?
面談は無料です。面談後、弊社のご提案をご希望の場合には、初回のご提案書を作成させて頂きます。そのまま設計契約に至る場合には、ご提案費用は設計監理費用に含みます。キャンセルをご希望の場合には、ご提案費用として15万円+税を申し受けます。
Q7.設計監理料はどのくらいかかりますか?
用途・想定規模(面積)・敷地条件などにより、若干の違いはありますが、新築の住宅の場合、設計監理料は、概算工事費の10%から15%が基本となります。構造設計料、確認申請業務費用は含みます。開発許可申請等そのほかの法手続きや、近隣対策費、敷津測量、地盤調査等が必要な場合は、上記の設計監理料には含まれません。
Q8.遠方でも依頼は可能ですか?
建築場所は問わず、お受けします。片道1時間半を超える場合は別途交通費・宿泊費がかかることがあります。計画地までの距離にかかわらず、現場監理もしっかり行います。
Q9.予算についての相談はできますか?
はい。ご希望の予算を考慮した上で、ご提案をいたします。案をご提示するごとに、合わせて概算計画も提示し、コストコントロールをしながら進めていきます。
Q10.戸建住宅以外の建物やリフォームも設計できますか?
はい。 戸建住宅に限らず、集合住宅、保育園・幼稚園、教会、医院、店舗など様々な用途の建物の設計を行っています。また、マンションリフォームや戸建てリフォーム、用途変更による建物の有効活用もお受け致します。
Q11.様々な構造がありますが、対応可能ですか?
はい。構造は木造・鉄骨造・コンクリート造、混構造、免震構造など、あらゆる構造に対応可能です。敷地(地盤)条件、計画内容、予算等を考え、最適な構造をご提案致します。 基本時には、構造専門の設計家とチームを組んで設計にのぞみます。
Q12.施工会社(工務店)はどのように決めるのですか?
特定の関係にある施工会社はありません。計画ごとに、複数の施工会社を地域、技術、相性などを中心考えながら数社を選び、見積もりを依頼します。提出された見積書を検討し、金額、工期、見積もり内容などを考慮して、最も条件がいい会社を、建て主の方と協議した上で決定となります。お客様から施工会社をご紹介いただくことも可能です。
お問い合わせ